NI製品ディスカッション

キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VB2005でのGPIB/USB(-TMC)制御方法

VB6→VB2005への移行に際して、VisaNSライブラリの使用方法ついて調査しています。
INSTRリソースに対するGTLやLLOの制御方法がわからず投稿いたしました。


調べたところ、UsbSessionクラスやGpibSessionクラスを使用してセッションをOpenすれば
ControlRenメソッドを使用できることが分かりました。

しかし、GPIB::INSTRとUSB::INSTRの両方のリソースに対応したい場合、
リソースに応じてUsbSessionクラスとGpibSessionクラスを使い分けなければいけないと思います。
(この方法では、リソースタイプを判断してセッションのOpen方法を変えなくてはいけないと思っています)

# UsbSessionクラスではGPIB::INSTRリソースをOpenできないようでしたので。


そこで、GPIB::INSTRとUSB::INSTRのどちらでも使用できそうなMessageBasedSessionクラスを見てみましたが、
このクラスにはControlRenメソッドがなく行き詰まってしまいました。


何か良い方法がありましたらご教授ください。

# VB2005の言語仕様を理解できていないが故の質問かもしれませんが・・・
0 件の賞賛
メッセージ1/2
3,684件の閲覧回数

日本ナショナルインスツルメンツの塚崎です。
いつもお世話になっております。

私もMassageBasedSessionのクラスを見てみました。
ControlRenに関する関数がないために、このクラスですとControlRenが行えないのが分かりました。
ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

日本NI
塚崎

 

0 件の賞賛
メッセージ2/2
3,595件の閲覧回数