NI製品ディスカッション

キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

TCPを使った通信

RS-232機器をEthernet-232変換を購入して、制御を行おうと試みています。

 

現状はEthernet機器は

ip:192.168.4.200、TCPポート1000に設定しており、

Tera Termからの通信によると

"STT CR+LF”を送ると、

STT +236701 +0 04 00

といった文字列を戻してきます。

 

この動作をTera Termを使わず、LabVIEWを使って行おうとしております。

添付のサンプルプログラムのように作ってみたのですが、通信している気配がありません。

 TCP/IPのLabVIEWプログラムに関して素人でコメントをいただけると助かります。

0 件の賞賛
メッセージ1/2
3,302件の閲覧回数

平素より、弊社製品をご利用頂きまして誠にありがとうございます。
日本ナショナルインスツルメンツ技術部の加藤です。

 

TCP/IPを用いた計測器制御では、NI-VISAドライバを用いてLabVIEWから制御します。

 

VISAに関しましては、下記リンクをご参照くださいませ。

 

VISAとは何ですか?

http://digital.ni.com/public.nsf/allkb/862567530005F0A1492568E2002C6C73?OpenDocument

 

NI-VISAは下記リンクから最新バージョンのインストールが可能です。
(OSが対応しているか、ご確認くださいませ。)

 

http://joule.ni.com/nidu/cds/view/p/id/1605/lang/ja

 

その後、下記リンクの手順に従い、Measurement & Automation Explorer(MAX)より、

イーサネットデバイスを構成します。ここで構成したリソース名が後で必要になります。

 

イーサネットを使用した計測器制御
http://zone.ni.com/devzone/cda/tut/p/id/9657

 

MAXでの構成が終わりましたら、LabVIEWからVISA関数を用いて通信が可能になります。
先程構成されたリソース名を使用して、VIを作成してください。

VIの作成法に関しては、下記リンクをご参照くださいませ。

 

イーサネットタイプの計測器と LabVIEW で通信
http://digital.ni.com/public.nsf/allkb/602C60A2E112F53B862576AB00296D10?OpenDocument

 

 

複数の資料をご紹介させて頂きましたが、何かご不明な点が御座いましたら、お気軽にご投稿をお待ちしております。

それでは、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+
日本ナショナルインスツルメンツ株式会社
技術部 加藤 由可子

弊社のサポートに関する情報は以下のサイトをご覧ください。
http://www.ni.com/support/ja
技術データベース: http://www.ni.com/kb
お問い合わせフリーダイヤル  0120-527196
+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+---+

0 件の賞賛
メッセージ2/2
3,245件の閲覧回数