NI製品ディスカッション

cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

NI9237の計測値について

Solved!
Go to solution

NI cDAQ-9178 に NI 9237 をのせて計測しているのですが、

 

DAQmxReadAnalogF64関数で取得した値と

DAQmxReadBinaryI32関数で取得した値にDAQmxGetAIDevScalingCoeff関数で取得した係数を掛けた値

の計測値が合いません。

それぞれの計測値の単位が違うのでしょうか?

 

DAQmxReadAnalogF64関数の計測値の単位はひずみ[ε]

DAQmxReadBinaryI32関数に係数を掛けた値の単位は電圧比

なのでしょうか?

 

もしDAQmxReadBinaryI32関数の単位が電圧比だとすると、アプリケーション側で単位をひずみ[ε]に変換する

必要があるということでしょうか?

 

よろしくお願いします。

 

0 Kudos
Message 1 of 4
(2,138 Views)

以下のサンプルを見ると使用する関数はDAQmxReadAnalogF64のようです。この関数で測定するだけでは問題なのでしょうか。教えて頂けると幸いです。

 

C:\Documents and Settings\All Users\Documents\National Instruments\NI-DAQ\サンプル\DAQmx ANSI C\Analog In\Measure Strain\Cont Strain Samples w Cal-9237

 

 

0 Kudos
Message 2 of 4
(2,105 Views)

高須様
返答ありがとうございます。

32bitで計測データ保存し、後処理で工学値に直すやりかたのアプリケーションを作成しています。
ですので、DAQmxReadBinaryI32関数で取得したデータを工学値(ひずみ)に直す計算式を教えて欲しいのです。

0 Kudos
Message 3 of 4
(2,088 Views)
Solution
Accepted by topic author 佐藤

なんとなく、それをやってしまうと本末転倒な気がしますが。。。

 

LabVIEWのヘルプを検索すると「歪みゲージのブリッジ構成」というトピックに様々な計算式がブリッジ構成毎に乗っています。その式を使えばよいと思います。計算式に関しては以下のリンクも参考になると思います。

 

歪みゲージ測定の理論と実測 (http://zone.ni.com/devzone/cda/tut/p/id/7264)

歪みゲージを使った歪み測定 (http://zone.ni.com/devzone/cda/tut/p/id/11109)

Convert Strain Gauge Reading VI (http://zone.ni.com/reference/en-XX/help/371361G-01/lvinstio/conv_strain_read/)

 

I32値を電圧に変えるのであれば、フルスケールを分解能で割った値をI32値にかけることで電圧になるはずです。9237は24ビット分解能で、±0.0025Vなので、 (0.005÷2^24)x(I32値)を上記リンクの式に当てはめてチェックしてください。

 

よろしくお願いします。 

0 Kudos
Message 4 of 4
(2,074 Views)