NI製品ディスカッション

cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

波形抽出解析

Solved!
Go to solution

谷脇と申します。LabVIEW 2010を使用しています。
波形データを取り込み,テキスト形式で保存しています。
次に解析プログラムを考えていますが,そのファイルを読み込んで波形グラフに表示し,
その一部を選択して(グラフパレットで選択できますが)FFTをFFT解析するようなプログラムを
作るにはどのようにすればよいでしょうか。

ご教示いただければ幸いに存じます。

0 Kudos
Message 1 of 6
(3,629 Views)

 

Tani-NFRI  様

平素よりNI製品をご利用頂きまして誠に有難うございます。
日本ナショナルインスツルメンツ技術部 見目と申します。

この度は、弊社ディスカッションフォーラムをご利用頂きまして誠に有難うございます。
 ご連絡が遅くなりまして、大変申し訳ございません。

Tani-NFRI 様がご希望とされていらっしゃるのは、
グラフ表示されている選択箇所を抜粋してプロジグラム上で新たに使用したいとのご要望でよろしいでしょうか。
その場合、考えられうる方法として、グラフと、数値スライダを重ねて表示して、数値スライダのポインタ以外の箇所を透明にしてください。
すると、ポインタの選択箇所が抜粋されます。

簡単なサンプルVIを添付致しましたので、ご確認頂けますでしょうか。
また、LabVIEW上での色変更は、Shift + 右クリックから、ツールパレットを表示して行えます。

上記内容に関しましてご不明点やご質問がございましたら、
どうぞお気軽にご連絡いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

日本ナショナルインスツルメンツ 見目 

 

0 Kudos
Message 2 of 6
(3,581 Views)

日本ナショナルインスツルメンツ技術部 見目 様,

 

谷脇と申します。昨日返信を投稿しましたが,フォーラムに反映されておりませんでしたので,

再度投稿します。

 

お忙しい中,サンプルプログラムまで作成いただき,ありがとございました。

ご教示いただいたテクニックを再現しようとしましたが,うまくいかない点が

ありましたので,たびたびではございますが,ご教示お願い申し上げます。

 

まず,スライダーですが,ツールパレットの色指定で透明(Tの記号)を使いましたが,

透明になりませんでした(saigen.viファイルを添付してあります)。

また,初めて使うパーツがあるためだと思いますが,元データとスライダの関連が

今一つ理解できておらず,うまくいきません。簡単に解説いただければ幸いです。

「LabVIEW 8 プログラミングガイド」を参照しても掲載されていないこともあるようです。

 

いただいたサンプルプログラムでデータを読み込んでFFT解析ができるように改良を

試みましたが,横軸の周波数表示がうまくいっていないようです(グラフエリア選択 (改良).vi)。

実際に解析したいデータサンプルも添付しております。

 

お忙しい中,たびたび恐れ入りますが,ご指導お願い申し上げます。

今までごく簡単な計測プログラムしか作っていませんでしたが,この機会にプログラミングの

幅を広げたいと思っております。

 

 

0 Kudos
Message 3 of 6
(3,552 Views)
Solution
Accepted by topic author Tani-NFRI

 

谷脇I  様

平素よりNI製品をご利用頂きまして誠に有難うございます。
日本ナショナルインスツルメンツ技術部 見目でございます。

お送りしたVIは下記の動作を行ないます。
スライドとグラフの範囲(配列要素の指標)を同じサイズにします。
そのために、VI実行の始めに、プロパティノードを使用して「範囲」スライドの大きさを、信号の要素数と同じにします。
例)配列サイズが100ならば、スライドのスケールも100まで。

スライドとグラフを上手くオーバラップさせると、スライドで指定した値=グラフのポイントの指標となり、
結果としてスライドの幅の区間の指標が選択できます。

上記を、スライドの「値」を使用して選択し、その範囲に対応する配列を抜き出します。
抜き出した信号に対して、FFTをかけるのですが、FFTをかける際に、信号情報が必要となります。

通常は、「波形データ」や「ダイナミックデータ」に対してFFTをかけますが、今回の場合、数値配列を抜き出しているために、上手く表示が行えていない状態です。
そのため、抜き出したデータに対し、添付画像のように、波形情報を追加して、波形データに変換する必要がございます。
信号をシミュレーションし、抜粋データにFFTをかけ、元データと共に表示する様にVIを編集致しましたので、ご確認頂けますでしょうか。

上記内容に関しましてご不明点やご質問がございましたら、
どうぞお気軽にご連絡いただけますよう宜しくお願い申し上げます。

日本ナショナルインスツルメンツ 見目 

 

Message 4 of 6
(3,526 Views)

見目 様,

 

 

谷脇と申します。このたびのプログラムについてご丁寧に解説いただきましてありがとうございました。

おかげさまできちんと理解できました。今回ご教示いただいた新しいテクニックを,今後のプログラミングに活かしたいと

思います。今後ともご指導賜りますようお願い申し上げます。

0 Kudos
Message 5 of 6
(3,508 Views)

谷脇  様

平素よりNI製品をご利用頂きまして誠に有難うございます。
日本ナショナルインスツルメンツ技術部 見目でございます。


ご丁寧にご連絡頂きましてありがとうございます。
今後のプログラムにお役立ていただければ幸いです。

また何かご不明点や問題などございましたら、どうぞお気軽にご連絡頂けますようお願い申し上げます。
この度は弊社ディスカッションフォーラムをご利用頂き誠にありがとうございました。


日本ナショナルインスツルメンツ 見目 

0 Kudos
Message 6 of 6
(3,480 Views)