Example Program Drafts

cancel
Showing results for 
Search instead for 
Did you mean: 

WSN Nodeの存在をPollingで確認する

概要

WSNノードがGatewayと通信できているか、Polligによって確認します。

詳細

WSNデバイスをはじめてご使用になられる場合、下記の資料がご参考いただけます。

NIワイヤレスセンサネットワークスタートアップガイド

LabVIEWワイヤレスセンサネットワーク(WSN)モジュールパイオニア版スタートアップガイド

また、WSN Gateway/Nodeの時刻調整については下記に手順があります。

NTPタイムサーバとしてホストコンピュータを構成する

このサンプルでは、Nodeの電源が消失するなどしてGatewayと切断された場合、

それを検知するための方法について提案しています。

WSN Discover All Nodes VI を用いればGatewayに接続されたノード情報を取得できますが、、

この関数はノードが接続されていない場合も、ノードの情報を取得します。

たとえばVIの実行中にノードが切断されても、下記のようにノードは存在ように見えます。

(※ノードは電源が消失した状態です)

Lost.png

そのためこの関数では、ノードの存在について確認することができません。

ひとつの方法として正しくWSNの時刻が設定されていれば、上記情報内で時刻情報の更新が停止しますので、

そちらを見ていただく方法があります。

もうひとつは、WSN Node側でもビルドされたプログラムを実行し、

ホストからメッセージを送信 >> WSN Nodeが受け取り、メッセージをホストへ送信

>> ホストがWSN Nodeからのメッセージを受け取り、ノードの存在を確認

という手順による方法です。

WSN_BD.png

ホストが受信するメッセージを監視し、一定数以上受信ができない状態が続けば、

そのノードが切断されたと判断し、プログラムを終了させます。

実装・実行方法

1. 添付ファイルをダウンロードし、WSN Node用のVIをビルドします

2. ビルドしたVIをNodeにデプロイします

3. WSN Gatewayの設定を行い、その後ホストVIを実行します

必要なもの

ソフトウェア

LabVIEW 2015以降

LabVIEWワイヤレスセンサネットワークモジュール

NI-WSN 15.0

ハードウェア

WSN Gateway

WSN Node

Contributors