北東北 LabVIEWユーザー会

返信
これは自由参加グループです。 グループメンバーとして参加し、投稿を開始するには、サインインして [グループへ参加] をクリックしてください。
Highlighted

Keyence LJ-V7000 Read Profiles (for High-Speed Data Communication)

Summary

Sample VI for Real Time Data logging with 4k Profiles/sec (Z-full,X-full,No-binning --> 800data/profile) using LJ-V7000 driver for LabVIEW was demonstrated.

LJ-V7000でリアルタイムでのデータロギングを試みました。当初はRead Profiles (for High-Speed Mode).vi を使えば実現できるかと思いましたが、取り込み速度がでませんでした。

Read Profiles (for High-Speed Data Communication).viを使用するのが正解のようです。マニュアルを読むとRead Profiles (for High-Speed Data Communication).vi はEthernet接続でなければならないような印象を受けたのですが、USBでも問題なく動作しました。

デモ用のセットアップは振り子の紐です。

LJ-V7K測定例.jpg

LJ-V7000は最高で64kHzで取り込めるというカタログ値なのですが、それはZ方向、X方向を"SMALL"設定にしてビニングをONにしたときに実現できるサンプリング速度です。Z方向、X方向を"FULL"設定でビニングOFFでは4kHzのサンプリング速度です。きっとデータ量的には同じなのだろうと思います。

生産者/消費者デザインパターンを使って、100プロファイルずつ取り込んで、1次元配列をキューにして消費者ループに渡します。

ReadProfiles__RealTimep.png

ReadProfiles__RealTimed.png

消費者ループでは強度グラフへの表示しかしていませんが、余裕はありそうです。

LabVIEW用のドライバーのおかげで苦労なく2次元プロファイルを取得する事ができます。

テスト機を長期間に渡って貸していただいた(株)キーエンス様に感謝いたします。

0 件の賞賛
メッセージ1/1
1,075件の閲覧回数
返信
これは自由参加グループです。 グループメンバーとして参加し、投稿を開始するには、サインインして [グループへ参加] をクリックしてください。