サンプルコードとドキュメント

フォルダ内のフォルダ、ファイルをツリー表示させる

Code and Documents

Attachment

概要

特定のフォルダに入った全てのフォルダやファイルをツリー構造で表示させる方法を紹介します。

 

説明

「再帰ファイルリスト」の関数を使用することで、指定したフォルダパスの中のフォルダやファイルの配列を取得することが出来ますが、それらの表示をツリー構造で見やすくします。また、ツリーの中から選択したフォルダやファイルのパスを取得できるため、その後のプログラムでそれらのパスを使用できます。

 

ハードウェア/ソフトウェアの要件

・LabVIEW 2015以降

 

コードの実装/実行手順

  1. サンプルをダウンロードし、「Folder File List Tree Structure.vi」を開きます。
  2. フロントパネルに記載されている手順に従いviを実行します。

なお、zipに含まれるtree_testフォルダは、サンプルを使用する際の使用方法を確かめるために付属されており、サンプルの実行自体にはtree_testフォルダは不要です。

Folder File List Tree Structure.pngFolder File List Tree Structure_fp.PNG

 

 

Example code from the Example Code Exchange in the NI Community is licensed with the MIT license.

Contributors