サンプルコードとドキュメント

キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

LabVIEWからMicrosoft Accessにアクセスする

概要

Microsoft Accessで構築したデータベースに、LabVIEWからアクセスをしてデータを取得します。

説明

Microsoft Accessで構築したデータベースに、LabVIEWからアクセスをすることが可能です。

この際、LabVIEW Database Connectivity Toolkit - National Instrumentsが必要となります。

また、LabVIEWからアクセスを行う前に下記資料を参考頂き、UDLファイルを作成してください。

Creating a Microsoft Data Link file (UDL) for Connecting to a Database in LabVIEW - National Instrum...

上記資料でMicrosoft Office 12.0 Access Database Engine OLE DB Providerをudlファイルに指定するよう記述がありますが、

お使いのPCが64bit OSの場合、リストに現れない場合があります。

その際には下記リンクを参考に、udlファイルを32bitファイルとして開いてください。

How to run 32-bit UDL file on a 64-bit Operating System – My experiences with developer technologies...

 

Microsoft Accessで作成したDBは以下のようになっています。

db.png

 

下記のVIで、作成したudlファイルへのパス並びに、Microsoft Access上で作成したデータベースのカラムに対応する、

データタイプに基づいてクラスタ配列を作成します。

本サンプルでは、SELECT構文によるクエリのサンプルも併せて実装しています。

 

FP.png 

 

dabase_block_dg.png

ハードウェア/ソフトウェアの要件

  • LabVIEW 2013以降
  • LabVIEW Database Connectivity Toolkit
  • Microsoft Access

コードの実装/実行手順

  1. Creating a Microsoft Data Link file (UDL) for Connecting to a Database in LabVIEW - National Instrum...に従いudlファイルとaccdbファイルを作成します
  2. Microsoft Access内でデータベースを構築します
  3. サンプルを開き、udlファイルへのパス並びに、クラスタデータタイプ、SQL構文を編集します

その他の情報/参考資料

寄稿者: